ママが輝くプラットフォーム ママキャン

嘉島 だんだん食堂-ハンズハンズ

団体プロフィール

 

団  体  名 嘉島 だんだん食堂-ハンズハンズ
代表者名 穴井 智子(あない ともこ)

活動内容

・母親支援・相談
・子供支援
・お弁当配布、食材配布

主な活動

地域の農家さんや企業様からお声をかけていただき、提供していただいた食材を、主にシングルマザーの家庭に配布したり、ボランティアの方々に手伝っていただき弁当にして配布しています。
そして、児童相談所の方にも協力したいただき、シングルマザーの色々なお悩み相談に乗る活動もしています。

ご相談内容は様々で

『子供をどうやって学校に通わせたのか』
『子供がコロナに感染して仕事に行けないから収入がない』

など、色々なご相談を受けますが、私の経験とだんだん食堂としてできることで支援しています。

今では400名以上の方がグループに属するようになました。
これだけの方が困っているという現実で正直考え深いこともありますが、だんだん食堂としてだけではなく、地域全体で、また日本としてこの問題を解消していくのが今後の課題ですね。

だんだん食堂では、シングルマザーと子供の支援を行うことが目的ですが、実はそれだけではありません。
ボランティアで来ていただいているのが地域の多世代の方々です。
子供と一緒にこんにゃくを作ったり、おはぎを作ったり、お弁当を作った後に皆んなでお茶をしたり、ボランティアの方々も楽しんでいただいています。

設立の思い

私は、就職率の高い高校を卒業して金融機関に就職しました。この業務が本当に人のためになっているのかと仕事に対する疑問を抱き転職を決意しましたが、自分が何をやりたいのか分からないままの日々を過ごし転々と職を変えていました。

23歳になったころ結婚をしてその年に出産もしました。それから3人の子供に恵まれましたが、結婚から10年経ちシングルマザーに。
周りの人のは頼らずに1人で3人の子供を育てることを決意し、上の子を2人大学に行かせ、一番下の子を専門学校に進ませた。
私の親にも支えてもらいましたが、女性の私が1人で子育てをすることは本当に大変でした。

そんな経験を経て、自分と同じ境遇の人を支援したいといった思いからシングルマザーの支援を行うことになりました。
この取り組みを組織として残していけるように、役5年前NPO法人として設立をします。

支援を行うにつれて、ボランティアとしてサポートしてくれる幅広い層の方々に助けられ今では多くのシングルマザーの支援ができるようになり、シングルマザーの支援だけではなく、子供から年配の方までが集まって団欒できる場所へと変わりました。

なんの繋がりもない方からボランティアとして参加したいたいう連絡をいただくこともあり、今では30人もの方々に支えられ活動をしています。

今後の展望

女性や子供の支援だけではなく、熊本県上益城郡嘉島町で『いつも誰かがいて、子供も高齢者も、本当に誰でも気軽に立ち寄れる場所にしていきたい』といった思いのもと日々成長している団体です。

現在、シングルマザーの方々のご相談は私が1人で行っています。もっと多くの方々の支援・相談ができるように、補助役になる方を探しています!
理想は、子育てが終わり寡婦(かふ)になった方々が、逆に相談に乗る側になっていただけると幸いです。

また、今後は行政ともタッグを組み、規模を大きくしていく計画もありますので共に盛り上げてくれる方を募集しています!